よくあるご相談

エステ・ユニオンによく寄せられる労働相談ついて解説します。

[wc_accordion collapse=”1″ leaveopen=”0″ class=”” layout=”none”]

[wc_accordion_section title=”長時間労働(早出、残業、休日出勤)”]

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 定時前に開店作業や掃除などをし、定時後は閉店作業や練習をしています。体力的にしんどいです…。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] エステ業界では長時間労働が広がっています。会社は従業員が健康に働ける環境を作る義務を負っています。 [/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so1.jpg” name=”相談者さん”] 休日に予約が入って働いたり、会社の試験を受けに行ったりもします。 [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”]それらは業務であるので、労働時間であることがほとんどです。働いた分は1分単位で賃金を請求ができます。 [/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[wc_accordion_section title=”休憩が取れない”]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 休憩が1時間取れなくて疲れます…。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 法律では、1日の労働時間が6時間を超えるときは45分、8時間を超えるときは60分の休憩を確保しないといけません。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so1.jpg” name=”相談者さん”] 予約表で休憩の時間になっていても、電話に出たり、お客様の延長やご案内、カルテの記入などをしていて、実際にはご飯を食べるくらいしか休憩が取れてないです。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] そうした「業務」をしている時間は、休憩とは言えません。また、休憩時間に働いた分は1分単位で賃金を請求ができます。[/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[wc_accordion_section title=”賃金不払い”]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 早出、休憩、残業、休日などに働いても、残業代が払われません…。エステ業界だから、仕方ないのでしょうか?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 労働法上、働いた分、1分単位で計算して払われなければ違法です。どんな業界でも、違法は許されません。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so1.jpg” name=”相談者さん”] 「みなし残業代」がついているので、それ以上は払われないと上司から言われました。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] エステ業界では「固定残業代制度」を導入している会社が多いですが、違法な場合も数多く見られます。一度ご相談ください。[/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[wc_accordion_section title=”有給休暇”]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 有給休暇を取らせてもらえません。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 労働法では、有給休暇は理由を問わず自由に取れます。取らせなかったり、取った人に嫌がらせをすることも違法です。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so1.jpg” name=”相談者さん”] 時短勤務やパートには有給休暇はないと言われました。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 時短勤務やパートの人にも有給休暇は発生します。(勤務時間数によって、付与される有給休暇の日数が変わります。)[/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[wc_accordion_section title=”パワハラ”]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 上司や先輩から売上を厳しく言われたり、失敗した時に怒鳴られたりして精神的に辛いです…。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 仕事上の指示や指導を超えて、精神的な苦痛を与えてくる行為はパワハラになる可能性があります。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so1.jpg” name=”相談者さん”] どこからがパワハラって言えるんでしょうか?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 原則、本人が「嫌だな」、「不快だな」と感じる行為はパワハラの可能性があると考えてもらって大丈夫です。[/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[wc_accordion_section title=”マタハラ”]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 妊娠して体調が悪くても配慮をしてもらえません。産休や育休を取ることもしづらい雰囲気があります。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 妊娠・出産・育児をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けることが「マタハラ」です。それらの行為は問題です。軽い業務や時短勤務への転換などを求められます。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 上司に退職を勧められたりもします。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] それもマタハラです。エステ業界は女性の職場なので、当たり前に妊娠・出産・育児ができるべきですし、活用できる法律や制度がたくさんあります。[/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[wc_accordion_section title=”求人で見た労働条件と違う”]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] 求人では、基本給25万円、実働8時間、休憩90分、ノルマなしなどと良い条件が書いてありましたが、入社してみたら、全然違いました。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 求人と実態が違う「求人詐欺」はエステ業界に広がる問題です。国も最近では、求人詐欺に対する罰則を強化しようと動き出しています。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so1.jpg” name=”相談者さん”] 働き始めてしまったから、もうどうしようもないのでしょうか?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 求人情報、労働条件通知書などの証拠を集めて、条件が変わった時にすぐに相談をしてもらえたら、対処できる可能性が高いです。[/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[wc_accordion_section title=”辞められない”]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so1.jpg” name=”相談者さん”] 長時間労働や賃金不払いなどが納得できなくて退職を申し出ましたが、上司が許してくれません。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 法律上、2週間前に会社へ伝えれば退職できます。会社側が退職するなと言っても、申し出から2週間経てば出社しなくても構いません。また、会社に違法行為(賃金不払いや休憩未取得、パワハラ等)がある場合は、すぐに辞めても問題ありません。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”so2.jpg” name=”相談者さん”] むりやり退職したら、会社から訴えられたりしないでしょうか?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”stf.jpg” name=”ユニオンスタッフ”] 2週間前にちゃんと伝えていたら訴えられるいわれはありません。会社が言いがかりをつけてきたら、相談機関を頼りましょう。[/speech_bubble]
[/wc_accordion_section]

[/wc_accordion]