株式会社ブルームとの第二回団体交渉がありました。労基署からは是正勧告が出されています。

エステ・ユニオンは、株式会社ブルームの元従業員であるAさんと一緒に、同社に対する団体交渉を引き続き行っています。

※株式会社ブルーム(http://bloom-jpn.net/)とは
東京、神奈川を中心に、「美u・p-SHOP(ビュップショップ)」「myQua GOKUBIDO(ミクア極美道)」「my beaute(マイボーテ)」などのエステティックサロンを16店舗展開しています。

ブルームのサロンにおける労働問題と前回の団体交渉については、下記の記事をご覧ください。

〈エステサロン運営・株式会社ブルームと団体交渉〉未払い残業代の支払いを約束するも、問題発言を連発

12月20日、行政がブルームへ労働基準法違反の行政指導を行いました。

エステ・ユニオンの組合員のAさんの通報を受け、ブルームの法律違反について労基署(行政)が、12月20日、是正勧告が出ました。ブルームにおける違法行為は、国も確認することになったのです。内容は以下の通りです。

①労働基準法34条 休憩時間を法定通り1日1時間取得させていなかった
②労働基準法37条 割増賃金の未払いが発生していた
③労働基準法40条 残業をさせるのに必要とされる36協定がないにもかかわらず残業をさせていた

ブルームはこの行政指導を真摯に受け止めるべきです。未払い賃金や休憩が取れないなどの労働基準法違反は、Aさんだけではなく会社全体に起きている問題です。会社は早急に社内の労働環境について実態調査をし、問題の改善を行っていくべきと私たちは考えます。

会社は誠実にAさんの訴えを受け止めてください~第二回団体交渉のご報告

ところが会社は私たちとの交渉に必ずしも誠実に向き合おうとはしていません。
先日、株式会社ブルームとの第2回目の団体交渉がありました。会社側からの出席者は、社長室室長、総務部部長ら4名。組合からは、Aさんのほかに、他のエステ企業で働いていた組合員など3名が集まりました。
これまでの交渉で会社は、未払い賃金の存在などについてみとめつつも、パワハラや自腹購入については事実を捻じ曲げた主張を続けており、課題も多く残っていました。

未払い賃金はAさんにだけ支払って、ほかの人には支払わない???

会社は、固定残業代制度に問題があったことを認め、Aさんへの未払い賃金の支払いに応じると言っています。固定残業代が無効であるなら、Aさん以外にも未払い賃金があったはず。ところが、会社はAさん以外の未払い賃金を支払うか否か、明確に答えようとしませんでした。組合の申し入れからすでに2か月以上が経ちますが、会社はいまだに他の従業員の未払い賃金発生の有無について調査すらしていないというのです。そんなはずは絶対にないと私たちは思っています。
未払い賃金の存在を知っていながら、それを平気で踏み倒す、会社の気が知れません。

上司たち「自腹をさせた記憶ない」 やられた方は覚えてます!

Aさんは、お店の売上目標が達成していない月末などに多額の自腹購入をさせられていました。今回の団交に先立って組合は、Aさんが上司たちから自腹購入を強いられた時の具体的な状況を会社へ提示し、関係者への調査を求めていました。
これに対する会社の回答は、関係者全員が「覚えていない」「記憶にない」と答えたというのです。怪しすぎます。何とも都合がよすぎる話です。上司たちに団体交渉の場に出てきてもらい、直接質問をしたいところです。

「自殺したいほど辛い」という相談に、会社が「自分が幸せだと自覚しろ」と応じたのが適切?

Aさんは、繁忙期に16日連勤や月100時間を超える時間外労働を行い、さらに売上について上司からのプレッシャーを受けていました。その結果、Aさんは精神的に追い詰められ、ついには自殺を考えるほどになりました。
ある時、Aさんは「自殺したいほど辛い」と藁をもすがる思いで上司に相談しました。すると、あろうことかその上司は「そんな考え方では下がついてこない」「自分が幸せであることをもっと自覚しなさい」などとAさんの考え方の問題にしたのです。もちろん、長時間労働や連勤はそのまま放置され、Aさんは休むこともできませんでした。殺す気か、というほどの対応です。誰が考えても問題がある対応だったことは明らかです。
ところが、会社は「上司の対応は適切だった」「会社として安全配慮義務違反はない」と言い張りました。本当に許せません。この期に及んでもエステティシャンをゴミのように扱う会社に心底腹が立ちます。

株式会社ブルームやエステ業界で働くエステティシャンのみなさんへ

会社は、不誠実な態度を見せつつも、未払い残業代があったことや休憩が取れていないことについて、率直に認めています。みなさんのいるサロンでも同様の違法状態がないでしょうか。多くのエステティシャンがあつまれば、労働環境は大きく変わります。
エステ・ユニオンは、みなさんからの相談を受け付けています。情報提供だけでも歓迎です。相談無料、秘密厳守ですので、お気軽にご連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL